寒暖差の多い季節。乾燥する季節。居心地の良い家づくり。

春の足音が聞こえてくるような、暖かい陽気が少しずつ増えてきました。

現場の職人も暖かい服装から日中は上着を脱いで作業する日が増えてきました。

家を建てる人にとって、天気が良い日が続くことはありがたいこと。しかし、農家にとってまた、この時期は乾燥が続くと肌にもよくないなど湿り気が欲しくなることもあります。

また、この時期は朝はまだ寒く日中は上着を脱いで過ごせる時期に少しづつなってきていくので、人と同じように適度の湿気があると住みやすく、居心地も良いとなります。

今では、素材によってそれらをコントロールしてくれるものもあったり。

また、日が暮れると窓が冷え室内が一気に寒くなる。また、暑い夏は部屋が蒸し風呂のようになるなどいろいろなことが起きます。

冊子を変えなくても隙間を埋めたり、ホームセンターの断熱素材のものを取り付けたりすると快適に過ごせることもあるので、ぜひ試してみてください。

この時期は、特に加湿などに気をつけることも大切なのでぜひ、試してみてください。

今日は、暖かく天気の良い日でした。